社会不適合系男子の隔離場

一般社会からドロップアウトしかけの不適合者がギリギリ社会と繋がるためのリハビリ施設です。

「カメラを止めるな!」がすごく面白かった話

週末までブログネタとしてとっておこうと思ったんですけど、あまりに面白かったので語らせて下さい。

この作品の面白さを語る上で、物語の展開的に何一つのネタバレも許されない内容になっているのであまり語れることがないんですけど。


一応Youtube上に公式が出している本編予告の動画があるんですが、見に行こうと思っている人にはその動画すら見ないで行くことを強く推奨します。


予告動画の中に若干の本編映像があるのですが、その数十秒の知識すらこの映画を100%楽しむためには邪魔になると僕は思いました。


ちなみに僕が事前にこの映画について知っていた知識は、
①「カメラを止めるな!」という低予算だけど凄く面白いと評判の映画がある。
②映画ポスターを見たことがある。
この二つだけです。


というか、実際に見たから思うんですけど、これ以上の予備知識を持って映画館に行かなくて本当に良かったと思いました。


こんなに薦めるならどんなに面白いストーリーなんだろうと期待する人もいるでしょうが、内容としては凄くありきたりで使い古されたものになっています。
ただそれすらマイナス要素にはならず、「こんなありきたりな話を見せ方一つでこんなに面白くすることが出来るのか。」と、むしろプラス要素に思えます。


パクリ疑惑があった。みたいな話を小耳にもしましたが、正直同じようなストーリーはいくらでもあると思いますし、僕もなんだか過去に同じようなのを見たことがあるような気がします。


素人なりにですが、この映画の面白さの90%はストーリー構成にあると思っています。
物語の展開の順番を組み替えたらとてもありきたりで退屈な映画になるんでしょうが、それを少しいじるだけでこんなに面白い映画になるのかと感心しました。


すみません、本当に語るのが難しいのですが、是非これは映画館に見に行ってください。
多分そのうちテレビでもやるでしょうけど、集中して見れる分映画館で見たほうが面白さが増します。


このブログを見て行こうと思った人には重ねて言いますが、これ以上の情報は絶対に入れないで行ってください。
間違ってもYoutubeで予告映像を見たり、googleで「カメラを止めるな! 評判」と調べたりはしないでください。


よろしくお願いします。